絶頂不全を改善する働き

血行を促す働きを持つラブグラ

女性用のバイアグラであるラブグラには、男性用のバイアグラと同じシンデナフィルクエン酸塩が有効成分として含まれています。

この成分の働きによって、セックスの1時間前にラブグラを飲むことで女性の感度を高めてくれる効果があります。

それは女性の膣内と外陰の血流が良くなることで、敏感になりやすくなるのです。そうすることで、膣内には潤いが与えられます。

これらの効果によって、女性の性的快感を間接的に増加させることが出来るのです。そして、膣内の潤いも増すことで男性器の挿入時に感じやすい痛みも緩和され、快感に集中することができます。

セックスをしても絶頂することが出来ない女性は、男性のことを想ってセックスをしても絶頂できないと快感が中途半端で、ストレスを感じたりしてしまいます。

そうなると、セックスを嫌に思ってしまう女性も増えてしまいます。そうならない為には、自分自身が絶頂を感じないことに疑問も持ち、気付くことが大切です。

このように絶頂不全の女性に、症状改善の効果が期待できるのはもちろんですが、そうでない女性にも同様に膣内と外陰の血流が良くなる効果は働くので、いつも以上に体が敏感になることもあるでしょう。

そのため媚薬とも言われていますが、あくまで女性器周辺の血流を促進させることで、感じやすくそして膣分泌液が増加する働きを持っているのが、ラブグラなのです。

絶頂不全だけでなく、不感症・性欲低下の改善にも期待できます。

ただ、薬である以上は効果や持続時間、副作用などは個人差がありますが、通販で買える女性用バイアグラということで人気商品の1つでもあります。

購入する全ての人が絶頂不全などで悩んでいる訳ではなく、性的な欲求と満足させるために服用する女性もいます。